野菜のチカラを丸ごとぎゅっ!と届けるジュース

代官山のキャッスルストリートで、古着屋巡りを楽しんでいた彼女。そろそろ帰ろうか、と思っていた矢先、ふと前方に現れた『Why Juice?』と書かれた白い看板に首を傾げて、彼女はそのお店へと近づいてみる。

「何故、ジュース……?」

お店の名前の通り、どうやらジューススタンドのようだ。店頭の黒板や立て看板に描かれたフルーツのイラストを目にし、「そういえば、最近野菜も果物も全然食べてないな」と思い出した彼女。連日の飲み会でお疲れ気味の胃をさすりつつ、たまにはビタミンを取らないとダメだよね、と彼女はそのジューススタンドに立ち寄ってみることにした。

体を整えてくれるコールドプレスジュースの専門店

『Why Juice?(ホワイジュース)』は、国産の有機野菜や果物を使用したコールドプレスジュースとスムージーのお店。「不足しがちな野菜を、よりおいしく、より簡単に」というコンセプトのもと、添加物を一切加えることなくお店のキッチンで搾られたフレッシュなジュースを楽しむことができる。

メニューを見てみると、セロリやにんじん、小松菜、きゅうりにビーツといった野菜の名前がずらりと並んでいる。りんごやみかんなど果物とブレンドされているものから、アーモンドやカシューナッツなど、栄養価の高いブレンドまで、ラインナップは多岐に渡っている。

また、メニューには「美肌」「デトックス」「整腸」といったそれぞれのブレンドの特徴も書かれているので、補いたい栄養素や効能を見比べながらオーダーをすることができる。

野菜のパワーを、もっと手軽に、もっとおいしく

「コールドプレスジュース」という言葉自体は耳にしたことがあるものの、実際に飲んだこともなければ、どういった製法で作られたものなのかもよく知らなかった彼女。思い切って店員さんに尋ねてみると、笑顔で質問に答えてくれた。

「コールドプレスジュースは、袋に詰めた野菜や果物をプレスして搾ります。熱を加えることなく搾るので、酵素などの栄養素がきちんと残るんですよ」

ミキサーを使用すると、機械の熱や歯で酵素を破壊してしまうのだという。また、コールドプレス製法で搾られたジュースには余分な果肉やパルプが混ざらないので、舌触りや喉ごしも良く、胃腸に負担を掛けないのだとか。

「不足しがちな野菜の栄養をおいしく簡単に摂取するためにはどうしたらいいのか……その答えが、手軽に飲むことができるジュースなんです」

Why Juice?では1日3食をジュースに置き換える『デトックスジュースプログラム』というセットも販売しており、体の調子を整えるために定期的に利用しているお客さんも多いのだという。また、中にはより手軽に、飲み会の明くる日の朝食をジュースに置き換えるといった取り入れ方をしている人もいるらしい。

素材そのままの味を楽しんで、しっかり栄養補給

「ここのところ飲み会が続いているので、思い切って今晩の夕食を置き換えてみようかと思います」

店員さんにそう伝え、彼女が選んだのは、柑橘とケール、コリアンダーなどをブレンドした「Little Green」と、腹持ちがよくタンパク質と食物繊維がたっぷり含まれている「Nuts Milk」の2つのジュース。

帰り道のお供に、とテイクアウトのカップに入れてもらった「Little Green」を一口飲んで、彼女は「わ!」と驚きの声をあげる。

「もっと苦味が強いのかなと思っていたんですけど、こんなに飲みやすいんですね!」

ケールなどの素材そのものの味がしっかりと感じられるのに、余計なエグみや渋さのようなものが全くなく、スイスイ飲めてしまう。確かに、これなら無理なく続けられそうだ。

「旬の素材を旬のうちに味わうということも大事にしているので、ぜひまた季節を感じにいらしてください」

笑顔の店員さんに見送られ、「今度はしっかりデトックスのプログラムも試してみたいな」と考えながら、彼女は代官山駅までの道を歩き出した。

Editor's Note

口に含んだ瞬間、素材そのものの味わいが感じられる『Why Juice?』のジュースやスムージー。ひとつひとつの野菜や果物の姿が頭の中に次々と浮かんでくるくらい、それぞれの素材の味をはっきりと感じることができます。

コールドプレスジュースは今回が初体験だったのですが、緑の野菜のみを使った「Dr.Green」は想像していたよりもずっと飲みやすく、後味が残らないスッキリとした飲み口で驚きました!

今度は是非1日置き換えのプログラムにも挑戦してみたいなと思っています。(編集部 フクシマ)

Shop Access

Shop Info

Whu Juice?

8:30〜19:00

03-6416-5678

東京都渋谷区代官山町13-8

代官山駅 徒歩3分

※取材時期や店舗の在庫状況により、掲載している情報が実際と異なる場合があります。 商品情報や店舗の詳細については直接店舗にお問い合わせください。
Editor 福島みづき
Photographer 有本真大

SNS share