キッチン家電は「舌」で選ぶ時代です

学生の頃から使っている通帳の預金額が、ここ数週間でじわじわと減っている。

家を出るための準備には何かとお金がかかるけれど、いよいよ自立するんだと思うと、しゃんと背筋が伸びる感じがする。現金をおろすために立ち寄った駅前の銀行で、液晶に表示される数字が少し前よりも大分小さくなったのを、彼女は少しの寂しさと誇らしさが入り混じったような気持ちで見つめた。

そんな彼女は今、来月から始まる一人暮らしに向けた買い物もかねて、母と連れ立って自由が丘にショッピングに訪れている。

他愛のない話に花を咲かせていた2人は、ふと、とある店の奥から覗くペールグリーンに目が留まった。

キッチンをコーディネートしてくれるハイセンスな家電

2人が見つけたのは、黒いシックな外壁に爽やかなブルーのアクセントが目を引く『Toffy』という生活雑貨を扱うお店。大きなガラス窓の向こうに所狭しと並ぶ色とりどりのアイテムに惹かれて、先に「ちょっと寄ってみない?」と提案したのは彼女の方だ。

2階には「Cafe」という文字も見えるし、ちょっと休憩していくのもいいかもしれない。そんな風に思いながら、彼女は店内へと足を踏み入れた。

まず目に入ったのは、入り口の正面にずらりと並んだキッチン家電。コーヒーメーカーに電気ケトル、ホットプレート、トースターに炊飯器……どれも落ち着いた色合いとコンパクトなサイズ感が素敵だ。

しっかりかわいいのに、ゴテゴテと派手じゃない。先ほど覗いてきた家電量販店では出会えなかったおしゃれさだ。

「これはセットで置いたら絶対かわいいよね」

彼女が思わずそう言うと、母が「そんな風に買い揃えるなんて、今みたいにイチから集める時しかできないわよ」なんて返すので、何だかすっかりその気になってしまいそうだ。

こだわりセレクトの雑貨に囲まれて

彼女も後から知ったのだが、実はこのToffyはあの文房具メーカーのキングジムが展開しているお店。家電や雑貨を扱うグループ会社の商品をお客さんに実際に手に取ってもらうことのできる場として、現在は自由が丘とみなとみらいに実店舗を構えている。

フロアには、家電のほか、文房具や食器、バスグッズまでバラエティに富んだ雑貨たちがラインナップされている。500円くらいから買えるちょっとしたコスメも置いてあるので、プレゼント選びにもちょうど良い。

中でも彼女がとりわけ興味を引かれたのは、持ち運びやすいようにあらかじめカットされた状態でパッケージングされているキングジムのマスキングテープ「KITTA」だ。前に他の雑貨店や文房具店でも目にしたことがあったアイテムだが、こんなに多くの種類が揃っているのはこのTOFFYならではだろう。

初めて目にする柄もたくさんあり、ゴールドの箔押しのデザインのものや猫のモチーフがあしらわれたものなど、気づけば既に3種類ほど手のひらにキープしていた。ショッピングに出かけてこういう偶然の出会いがあると、それだけで気分が上がってしまう

商品の使い心地を「体験」できるカフェ

「ちょっとコーヒーでも飲んで休憩しない?」という母の提案で、2人は2階のカフェスペースへと足を運ぶ。爽やかなブルーに出迎えられ、ウッド調のテーブルに腰をおろすと、心地良いコーヒーの匂いが鼻先をくすぐった。

彼女が驚いたのは、メニューに記載された「各社のトースターでパンの焼き比べができます」というコメント。また、コーヒーの欄に書かれた「テーブルドリップ」というメニュー名の通り、他のお客さんのテーブルにはToffyのコーヒーメーカーが置かれていた。

「へえ、自分でパンを焼けるなんて面白いわね」

そう、このカフェの魅力は、何と言ってもこの特別な「体験」にある。つまり、下のフロアで実際に売られているコーヒーメーカーとトースターを、訪れたお客さんが実際に使うことができるのだ。

2人がまずオーダーしたのは、「Toffyブレンド テーブルドリップ」。コーヒー豆にもこだわっていて、スペシャルティコーヒーの専門店である「堀口珈琲」がToffyのコーヒーメーカーのためにブレンドしたオリジナルのコーヒーなのだという。が、それが、なんと4杯800円というお手頃価格で楽しめるのだ。そのお得感に、彼女の胸が踊る。

キッチン家電を「味」で選ぶという新しさ

2人でおしゃべりをしながらおいしいコーヒーをいただいているうちに、少し小腹が空いてきた。「ここはあれを頼むしかないよね」と彼女は母とうなずき合い、追加で「トーストお試しプレート(500円)」をオーダーする。

「トーストお試しプレート」は、店内のトースターを使って2枚の食パンの焼き比べを楽しむことのできるセット。それぞれメーカーや価格帯が異なっているトースターを使って、製品の使い心地や操作手順などを実際に体験することができる。

「こっちの方が焼き色がついてるけど、サクサクしてるのはそっちかも」

「同じ食パンなのに、トースターによってこんなに味が変わるのね」

2枚の食パンを2人で分け合いながら、全く違う焼き色のつき具合や、食感の個性について会話が弾む。Toffyのトースターで焼いた食パンは歯ざわりが軽く、時間のない朝でもサクッと食べられそう。「こっちの方がおいしいね」と意気投合するあたり、やっぱり親子なのだ。

新居のために購入する家電のリストに、トースターは入っていない。けれど、Toffyのグリルオーブントースターはこのおいしさとかわいさで、6880円。これなら……。

そんな彼女の考えが伝わったのか、コーヒーカップから口を離した母がやれやれと微笑む。

「一人暮らしの記念に、買ってあげようか?」

願ってもないその嬉しい申し出に、彼女は思わず心の中でガッツポーズをした。

Editor's Note

道を歩いていると黒とコバルトブルーのコントラストが目を引く『Toffy 自由が丘』は、オリジナルのキッチン家電やキッチン雑貨などを扱う雑貨店。バスグッズやステーショナリーなどの雑貨のほか、バイヤーさんがこだわってセレクトしているというジャムやはちみつなどのフードも手に取ることができます。

オリジナルである「Toffy」シリーズのキッチン家電は、スタイリッシュさの中にしっかりとかわいさも感じられるオシャレなデザイン性とお手頃価格がとっても魅力。2階にはカフェも併設されており、お店で販売されているコーヒーメーカーやトースターを実際に体験することができるのも嬉しい!

取材時には実際にToffyのトースターを使って焼いたパンを頂いたのですが、食感が軽くサクサクで、私もストーリーの「彼女」と同じようにToffyのトースターが欲しくなってしまいました。(編集部 フクシマ)

Shop Access

Shop Info

Toffy 自由が丘

平日 11:00〜19:00/土日祝 10:00〜19:00

なし

03-5726-9456

東京都目黒区自由が丘2-8-15

自由が丘駅 徒歩6分

※取材時期や店舗の在庫状況により、掲載している情報が実際と異なる場合があります。 商品情報や店舗の詳細については直接店舗にお問い合わせください。
Editor 福島みづき
Photographer 橋本越百

SNS share