部屋がもっと好きになる、わたしサイズのインテリア

3度目のマンションの更新はしない。

なんだかマンネリな毎日を変えたくて、「引っ越すこと」を決めたら、心が軽くなった。必要なのは思い切りだったのかもしれない。まだ3ヶ月も先の一大行事が、自由が丘という街をいつもより楽しませてくれる。

駅からほど近く、普段なら通りすぎてしまいそうな控えめな看板がふと目について、彼女は『MOMO NATURAL(モモ ナチュラル)』というインテリアショップへ続く階段を上がった。久しぶりの晴れ間に、壁に伝うみどりが濡れたように輝いている。

アイデア豊富なやさしい空間

店内は明るく、ナチュラルカラーの家具が並んで健康的な雰囲気だ。やさしい色合いに心がゆるむ。

ソファを横目に歩き回っていると、ライトグレーの食器棚が彼女の目を引いた。テイストが似た器も、木目が綺麗なテーブルに平置きされたディスプレイと、棚に並んだものとでは雰囲気がぜんぜん違う。

白い壁に淡い色の食器がよく映える。存在感はあるけど、圧迫感はない。一人暮らしを始めた当初、小さな部屋を広く見せたい一心で、白い家具を買い揃えた彼女にとってそれはすごく新鮮だった。

絶妙な色遣いにしばらく見惚れていると、店員さんが説明してくれた。

「雑貨や食器は海外から直接買い付けているものやオリジナルも多く、ちょっとめずらしいものも。カーテンやソファのファブリックも、家具に寄り添う色合いをセレクトしています」

紹介してもらったアイテムは、鮮やかな紺色で縁どられた白い器や、飴色のグラスなど、やさしい色合いの中にもメリハリがあってボヤけない。うちもグレーのテーブルクロスを敷いてみようかな。色のある家具もこんなお店で買ったら失敗しないかもしれない。そんなことを考えるとわくわくした。

あると良いモノ、うれしいモノ

上の階もぜひ、と促されて階段を上ると、緑に囲まれたテラスが広がっていた。

店内には白い家具が並んでいる。キッズブランド「PIENI KOTI(ピエニ コティ)」と併設のため、ファブリック類やディスプレイは子ども部屋らしいテイストだけど、小ぶりなイスやチェストは一人暮らしの彼女の心をくすぐる。

大小様々なカゴが吊るされた一角を前にしたら、「自分だったら何をいれるかな?」と頭の中で自分の部屋とにらめっこしてしまった。MOMO NATURALに足を踏み入れてから、「この棚がうちにあったらどう使うかな」と自分の生活を想像するのが楽しくなっていた。

とりわけ大きなカゴが可愛くて、つい触ってみたくなる。これはオリジナル商品らしい。

洗濯物がたまりがちな梅雨も、このバスケットがあればちょっと気持ちが晴れそうだ。

わたしの暮らしにサイズを合わせる

バスケットの購入を決め、ほくほくと階段を降りてメインフロアに戻る彼女。

今年こそダイニングセットを買い換えたい、とここのところ毎年思っている。

ディスプレイされたテーブルの、オイルで仕上げられた木肌を撫でる。このくらいがきっとベストサイズだけど、天板の素材はこっち、脚は木製のあれがいい。理想のテーブルを空想していたら、店員さんがカタログを持ってきてくれた。

MOMO NATURALのダイニングテーブルはサイズや天板、脚、すべて選んでオーダーできるのだという。天然木で国内加工なのに、6万円台からというリーズナブルな価格におどろいてしまう。

「5cm単位でオーダー可能なので、サイズで諦めなくていいのはMOMO NATURALならではです」と店員さんが教えてくれた。

すっきりとしたソファが目にとまり腰掛けてみるうちに、「引っ越し、しなくていいかな」という気持ちになってきた。

今の毎日を、今の部屋でも十分楽しめそうな気がする。引っ越し費用で家具を新調しよう! そう決めて、バスケットを手に店を後にしたら、階段を上る前より足取りが軽かった。

うちに帰ったら、もらったカタログと一緒に模様替えの作戦会議だ。

Editor's Note

ナチュラルで優しいテイストのインテリアが揃う、MOMO NATURAL 自由が丘店。

店内を見て回っていると、棚と小物との合わせ方や色の取り合わせなどがどれもおしゃれで、自分の部屋に取り入れたくなる暮らしのアイデアにたくさん出会えます。やわらかな風合いが魅力的なインポートの器や小物類も人気なのだとか。

中でも印象的だったのが、記事内でも取り上げているダイニングテーブル。サイズや素材を自由に組み合わせてオーダーできるので、もし「もう少し大きくしたいな」と思ったら、脚はそのままに天板だけ取り替えられるアイテムも。家族が増えた場合や誰かと一緒に住むことになった時にとても便利だなと驚きました。(編集部 フクシマ)

Shop Access

Shop Info

MOMO NATURAL(モモ ナチュラル)自由が丘店

11:00〜20:00

なし

03-3725-5120

東京都目黒区自由が丘2-17-10 ハレマオ自由が丘ビル 2F

自由が丘駅 徒歩5分

※取材時期や店舗の在庫状況により、掲載している情報が実際と異なる場合があります。 商品情報や店舗の詳細については直接店舗にお問い合わせください。
Editor 小西麗
Photographer 有本真大

SNS share