奥渋谷
ShopStory
店舗情報 EDITOR'S NOTE

暮らしに寄り添う、シンプルで温かみのある食器選び

最近、家で過ごす時間が長くなり、外食中心だった食生活が一変、頻繁に料理を作るようになった。レパートリーが増えるとつい欲しくなるのが「食器」だ。

どんな食器に盛り付けるかで、料理の満足感は大きく変わる。食器には、料理や食事を楽しくする不思議な魅力があるのだ。

今日、料理が映える食器を買い足したくて向かったのは、最近注目の奥渋と呼ばれるエリア・富ヶ谷にある『DISHES(ディッシーズ)』。足を運ぶたび、食器の魅力に気づかせてくれるお店だ。

01

「食事は楽しい」という原点に立ち返れる場所

『DISHES(ディッシーズ)』は、代々木公園駅から歩いて約8分、シンプルな白塗りの外観が印象的な「MEALS ARE DELIGHTFUL(ミールズアーディライトフル)」という建物の1階にある食器専門店。

愛知県瀬戸市に本社を構える食器メーカー「マルミツポテリ」による東京初の直営店として、2018年に待望のオープンを果たした。

ドアを開けると、店内はすっかり秋の雰囲気。中央の棚には土鍋が置かれ、新米の季節を感じさせてくれる。

DISHESの魅力は、どの食器がどんな料理に合うのかなど、店員さんが好みや生活スタイルに合う食器を提案してくれること。また、食器の組み合わせ方などは、思いもよらない発見があったりと、料理や食事が自然と楽しみになる。

ここは、単純に好きな食器を買うだけでなく、「食事は楽しい」に気づかせてくれる場所なのだ。

白を基調としたモダンな外観。上階にある食堂カフェ「MEALS」では、DISHESの食器を使用した食事を楽しめる
白を基調としたモダンな外観。上階にある食堂カフェ「MEALS」では、DISHESの食器を使用した食事を楽しめる
広々とした店内に人気の食器がずらり。季節ごとにかわるディスプレイは何度足を運んでも楽しい
広々とした店内に人気の食器がずらり。季節ごとにかわるディスプレイは何度足を運んでも楽しい
季節に合わせた食事に合う食器を提案してくれるテーブルコーディネートにも注目
季節に合わせた食事に合う食器を提案してくれるテーブルコーディネートにも注目
創業70周年を記念したアニバーサリーマグ。白・ラベンダー・ターコイズ・キャメルの4色展開
創業70周年を記念したアニバーサリーマグ。白・ラベンダー・ターコイズ・キャメルの4色展開
02

シンプルながらも温かみを感じる、職人の手仕事

店内に並ぶ食器は、家庭での使用をイメージした『STUDIO M'(スタジオエム)』とプロユースの『SOBOKAI(ソボカイ)』というオリジナルブランドのもの。どちらもシンプルながら色や形、風合いに個性があるデザインが特徴だ。

大人っぽいシンプルさに加えて、どこか“温かみ”のあるDISHESの食器。その理由は、器の製作工程に隠されている。

というのも、ここの陶磁器は全て、瀬戸焼で知られる愛知県を中心とした窯元で生産されている国産食器。工程のどこかに、必ず職人さんの手仕事が加えられているのだ。

たとえば、水の浸透を防いでツヤを出すための釉薬を塗ったり、食器に柄や模様を描いたりするのは、職人さんの手作業でおこなわれている。だからこそ、柄の濃さや大きさのばらつきなど、ひとつひとつ違う表情を楽しめるのだ。

さらに、食事中にはわからない食器の裏側にもこだわりが隠されている。それが、食器を洗うときなどにひっくり返して初めてわかる「裏印」。裏側に彫られたロゴやイラストも、オリジナルならではの温かさが宿っているように感じられる。

シンプル中に温かみを感じる食器が並び、シリーズのごとに色・サイズも豊富。店舗限定カラーは要チェック
シンプル中に温かみを感じる食器が並び、シリーズのごとに色・サイズも豊富。店舗限定カラーは要チェック
職人の手作業で素朴な水玉模様が描かれた飯碗。2サイズあるので夫婦茶碗にも人気
職人の手作業で素朴な水玉模様が描かれた飯碗。2サイズあるので夫婦茶碗にも人気
カラフルで種類豊富な豆皿は、つい買い足したくなるアイテム
カラフルで種類豊富な豆皿は、つい買い足したくなるアイテム
03

自分の暮らしに寄り添う食器を探して

しばらく店内を歩き回って食器を眺めているものの、目移りしてばかりでなかなか決まらない。

ふと最初にDISHESを訪れた日を思い出した。当時は自炊を始めたばかりで、カレーやパスタなど幅広く使えるプレートを紹介してもらったのだった。

さっそく店員さんに声をかけ、相談してみる。

「シンプルな食器が多いなら、形や色がアクセントになるものがいいと思います」と店員さん。

続けて、今の季節におすすめだというグラタン皿を提案してくれた。秋から冬はもちろん、暑さで台所に立ちたくないときにもおすすめだという。

その一言で、グラタンづくりにも挑戦してみようと思い立つ。

いくつかあるシリーズの中から、メイン料理が映えそうな四角形の〔マカロニグラタン(¥ 2,310/税込)〕を買うことに。4色展開の中から、秋の食材が映えそうな、店舗限定カラーの黒に決めた。

このようにオンラインでは購入できない店舗限定カラーがあるのも、店舗に足を運びたくなる理由のひとつとなっている。

手に届く「ちょっといい食器」を手に入れてご機嫌な帰り道、お気にいりの食器を見つけることが、毎日の食事を豊かにする一歩なのかもしれない、と思う。

現に、ちょっといい食器を手にしただけで、献立を考えることや料理を作って食べること、さらには食器を棚にしまうまでが楽しみになっているのだ。

使い方やメンテナンスはもちろん、コーディネートまで提案してもらえるので、器を使うのが自然と楽しみになる
使い方やメンテナンスはもちろん、コーディネートまで提案してもらえるので、器を使うのが自然と楽しみになる
グラタン皿やサルテン、ココットなどオーブンや直火もOKの耐熱容器。秋らしい色合いが可愛い
グラタン皿やサルテン、ココットなどオーブンや直火もOKの耐熱容器。秋らしい色合いが可愛い
マットな質感がかわいい、カフェタイムにぴったりのブロウシリーズのマグ。紫色・白色は店舗限定カラー
マットな質感がかわいい、カフェタイムにぴったりのブロウシリーズのマグ。紫色・白色は店舗限定カラー

EDITOR’S
NOTE

編集後記

十年ほど前、一人暮らしを始めた時に雑貨店でふと手に取ったプレート。それが私とスタジオエムとの出会いでした。それから十数年、ゆっくりと買い揃えたスタジオエムの食器たちは、引っ越しをしたり、結婚したりと、ライフスタイルが変わっても、いつも私の食卓を彩ってくれています。

その時購入したのは「マティネ」というシリーズ。何気なく焼いたパンをこのお皿に乗せるだけで、なんだか特別な朝ごはんのように見せてくれる、魔法のような食器です。

編集部:Joe
Editor Joe
Writer | 市川茜
Photographer | 有本真大

SHOP INFO

DISHES(ディッシーズ)のマップ
店舗名
DISHES(ディッシーズ)
住所
東京都渋谷区富ヶ谷1-17-5
アクセス
代々木公園駅 徒歩8分
営業時間
11:00〜17:00
定休日:水
電話番号
03-5465-1771

※ 新型コロナウイルスの影響により、一部のお店が通常と異なる時間で営業を行なっております。ご来店の際には直接お店にご確認をお願いいたします。

※ 取材時期や店舗の在庫状況により、掲載している情報が実際と異なる場合があります。 商品情報や店舗の詳細については直接店舗にお問い合わせ下さい。

RECOMMEND おすすめ記事
伝統×モダンな有田焼・波佐見焼の奥深さに魅せられて
手作りのぬくもりが食卓に馴染む、器と暮らしの道具たち
暮らしのアイデアを実験して発見する理科室
人も、道具も、年を重ねて美しく
本当に好きなものを見つける、ひそやかな「山小屋」
本当は、いまでも「お姫さま」になりたい私の部屋
雑貨めぐりの秋!東京都内でおすすめのおしゃれな雑貨屋
特別な香りでお部屋を演出。リラックスできるルームフレグランス特集
【5月特集】植物やテーブルコーディネートで、もっと心地よいお部屋へ
【4月特集】STAY HOMEをもっと素敵に!家電や雑貨で彩る楽しい毎日
おうちハロウィンにも!東京都内で買える秋の厳選お菓子特集
手作りのぬくもりが食卓に馴染む、器と暮らしの道具たち
かんたんで優雅な「おうちイタリアン」をテーブルに
伝統×モダンな有田焼・波佐見焼の奥深さに魅せられて
【9月特集】素敵な器でいただく、秋色のお菓子でティータイム
大切な人を喜ばせたい、東京で買える素敵なお菓子の手土産6選
すっきり秋を迎えるために、夏の疲れにおすすめのドリンク特集
【8月特集】非日常を味わえる、東京の雑貨屋さん&カフェで旅気分
まるで博物館!お子さんも一緒に楽しめる、都内の雑貨店特集
お問い合わせ
お問い合わせいただきありがとうございました
恐れ入りますが、内容によりご回答やお返事をお約束できない場合や、お時間をいただく場合がございます。
再度お問い合わせを送りたい場合は、ページを再読み込みしてください