蔵前
ShopStory
店舗情報 EDITOR'S NOTE

綴ることで私の“今”をそっと守ってくれるノート

彼女のデスクの引き出しには、色とりどりの小さなメモ用紙がたくさん詰まっている。

まるい文字で書かれたメッセージと、脱力系の手書きのイラストが書かれたそのメモの差出人は、彼女の隣の席の先輩。彼女が仕事でミスをして上司にこっぴどく叱られたときや、大きな契約をもぎ取ってきたとき、彼女のデスクにはいつも1枚のメモが置いてあった。

チャットではなく手書きだからこそ伝わる、励ましや労いの言葉たち。デジタル化の進む職場だからこそ「紙に書くこと」の意義に気付いた彼女は、蔵前の文具店『カキモリ』を訪れていた。

01

「書くことのたのしさ」に溢れる文具店

『カキモリ』は、蔵前駅から徒歩8分ほどの場所に佇む文具店。

「たのしく、書く人。」というコンセプトのもと、2010年のオープン以来、お店を訪れた人にとっての「書くきっかけ」になり続けている。

木のあたたかみが感じられる店内には、世界各国から集まったボールペンや万年筆、鉛筆などの筆記具や、レターセットやメッセージカードなどがずらりと並んでいる。また、同じ蔵前エリアにオリジナルカラーのインクをつくることのできる「inkstand」を構えるなど、オリジナルの顔料インクも多くの書き手に愛されている。

彼女が今日ここに足を運んだのは、オーダーノートを仕立てるためだった。このカキモリでは、表紙や中紙を自由に選んで自分だけのノートを作り上げることができるのだ。

筆記具やノート、インクなどが並ぶ明るい店内。カラフルなフロアの差し色にワクワクする
筆記具やノート、インクなどが並ぶ明るい店内。カラフルなフロアの差し色にワクワクする
オリジナルの顔料インクは全部で13色。それぞれのカラーをイメージしたイラストが添えられている
オリジナルの顔料インクは全部で13色。それぞれのカラーをイメージしたイラストが添えられている
オリジナルデザインのレターセットをはじめ、便箋や封筒など、手紙に関するアイテムも人気だという
オリジナルデザインのレターセットをはじめ、便箋や封筒など、手紙に関するアイテムも人気だという
店内奥にずらりと並ぶ万年筆には、それぞれの特徴などが書かれた手書きのポップが
店内奥にずらりと並ぶ万年筆には、それぞれの特徴などが書かれた手書きのポップが
「書くことのデジタル化が進んでいる中、『紙に書く』ことの良さを残していきたい」と語る代表の広瀬さん
「書くことのデジタル化が進んでいる中、『紙に書く』ことの良さを残していきたい」と語る代表の広瀬さん
02

下町の確かな技術を身近に感じて

カキモリのオーダーノートの魅力は、何と言ってもそのカスタマイズの多様さだ。サイズはB5、B6の2種類から縦横両方を選ぶことができ、表紙は常に約60種類以上、中紙は約30種類以上取り揃えられている。また、リングの色や留め具のタイプなど、ありとあらゆるパーツをその場で見比べながら自分の手と感性で選ぶことができる。

表紙に使われている素材は紙のほか、レザーやファブリックなどバラエティに富んでいる。この蔵前エリアにはもともと手帳の職人街があり、カキモリに並ぶ表紙もそうした下町の職人さんたちの手で作られているのだ。

また、万年筆での筆記に適した「バンクペーパー」、鉛筆で書くのに向いているザラザラした手触りの「コミック紙」など、中紙の豊富な品揃えにもカキモリの書き手に対する想いが表れている。書きたいものをのびのびと表現できる自分のためのノートを作るという体験は、まさにこのカキモリならではだ。

表紙と裏表紙が決まったら、中紙を2~4パック選ぶ。もちろん、全て違う種類の紙でもOK
表紙と裏表紙が決まったら、中紙を2~4パック選ぶ。もちろん、全て違う種類の紙でもOK
ノートの中の用紙を選ぶ際には、試し書きをしてペンを滑らせた時の質感などを確認できる
ノートの中の用紙を選ぶ際には、試し書きをしてペンを滑らせた時の質感などを確認できる
表紙と裏表紙はそれぞれ別のものを選ぶことができる。豊富な組み合わせに悩んでしまう
表紙と裏表紙はそれぞれ別のものを選ぶことができる。豊富な組み合わせに悩んでしまう
ノートに合わせて選びたいペン類も豊富。全てのペンが試し書きできる
ノートに合わせて選びたいペン類も豊富。全てのペンが試し書きできる
03

それはきっと、想いを守ってくれるノートになる

彼女がノートを作ろうと思ったきっかけは、デスク周りを掃除している時に例のメモたちを読み返したことだった。ほんの一言のメッセージなのに、ひとつずつ読んでいくと、先輩からその言葉を受け取った時の情景や感情がはっきりと浮かび上がってくる。まるで、その時の空気も一緒に文字の中に閉じ込めてしまったような……彼女には、そんな風に思えた。

先輩がくれたあのメモみたいに、自分が今考えていることや思っていることを、未来の自分のために残したい。閉じ込めておきたい。

手書きの魅力に改めて気付いた彼女は、そうした想いから、日記を綴るためのノートを仕立てようと思い立ったのだった。

店内の製本機で、彼女のオーダーしたノートがゆっくりと形になっていく。がちゃり、がちゃり。とんとんとんとん。店員さんの手作業で仕立てられていくノートは、何だかとても眩しく見える。

こうしてオーダーで仕立てたノートは、使い終わってもまた中身を交換することができる。使い続けることで愛着の湧いた表紙はそのままに、また違った種類の中紙を試してみたり、自分が書きたいものにぴったりの形を探すことができるのも嬉しい。

お店を出た彼女に、夏の蝉の声のシャワーが降りかかる。いつか、今日のことを綴ったページを読み返すときの彼女にも、同じ鳴き声が聞こえていることだろう。

留め具はゴム留め、封緘留め、ボタン留めの3種類。表紙と合わせながら留め具の色や形を選ぶのも楽しい時間
留め具はゴム留め、封緘留め、ボタン留めの3種類。表紙と合わせながら留め具の色や形を選ぶのも楽しい時間
留め具やリングの色を決めたらカウンターでオーダー。当日中に受け取ることができる
留め具やリングの色を決めたらカウンターでオーダー。当日中に受け取ることができる
オーダーノートは店内で手作業で作られる。まずは表紙と用紙にリングを通すための穴を開けていく
オーダーノートは店内で手作業で作られる。まずは表紙と用紙にリングを通すための穴を開けていく
完成したノート。今日からこのノートに日々を綴っていくのだと思うとわくわくする
完成したノート。今日からこのノートに日々を綴っていくのだと思うとわくわくする
店内にはカキモリが発行している蔵前エリアのマップも置かれている。手書きの風合いにほっこり
店内にはカキモリが発行している蔵前エリアのマップも置かれている。手書きの風合いにほっこり

EDITOR’S
NOTE

編集後記

「紙に書くこと」の楽しさと魅力に改めて気付くきっかけをくれる『カキモリ』。広々とした店内に並ぶたくさんのペンや便箋などを手にとっているうちに、紙の上にペン先を滑らせるあの感触を味わいたくなってきて、たくさん試し書きをしてしまいました。

また、記事の中に登場しているノートは実際に取材の時に作っていただいたもので、読書記録&日記帳として楽しく使わせていただいています。やっぱり、お気に入りのノートが1冊手元にあるだけで、書くことがグッと楽しくなりますね! 目を引く柄なので、お部屋のアクセントとしても楽しませてくれています。

編集部:Mizuki
Editor Mizuki
Editor | 福島みづき
Photographer | 橋本越百

SHOP INFO

カキモリのマップ
店舗名
カキモリ
住所
東京都台東区三筋1-6-2
アクセス
蔵前駅 徒歩7分
営業時間
11:00〜19:00
定休日:月(祝日の際は営業)
電話番号
050-1744-8546
※ 取材時期や店舗の在庫状況により、掲載している情報が実際と異なる場合があります。 商品情報や店舗の詳細については直接店舗にお問い合わせ下さい。

RECOMMEND おすすめ記事
なつかしいのに新しい「行きつけ」
専門店で手に入れた心と時間を彩るもの
あてのない手紙を書くために
人生の岐路に立ったら、手帳を変えてみよう
【8月特集】手しごとの町を巡る、真夏に見つけた涼やかな下町
書くことで、手繰り寄せる
宝箱にしまいたくなる、優しさを包むくるみボタン
部屋がもっと好きになる、わたしサイズのインテリア
それは旅するダイヤモンド。本物の輝きに出会うとき
【5月特集】吉祥寺で巡り合う、彩りあふれる新生活
頑張った自分にご褒美を! 東京都内で買える自分へのクリスマスプレゼント7選
記憶に残る“幸せの香り”を焼き上げるパティスリー
【2019年】彼女や友達に!最高のクリスマスプレゼントを買える東京都内のお店6選
それは旅するダイヤモンド。本物の輝きに出会うとき
小さな森のようなお店で出会う、グリーンのある毎日
【2019年】彼氏が喜ぶクリスマスプレゼントを買えるお店6選!とっておきのメンズギフトをご紹介
愛嬌と手触りに惚れ惚れする、和紙舗
マグで楽しむ新感覚のおだし体験
五感で味わう、日本茶という文化の豊かな真髄
【11月特集】センスの光る冬の始まりを探しに、日本橋を訪れて
お問い合わせ
お問い合わせいただきありがとうございました
恐れ入りますが、内容によりご回答やお返事をお約束できない場合や、お時間をいただく場合がございます。
再度お問い合わせを送りたい場合は、ページを再読み込みしてください