清澄白河
ShopStory
店舗情報 EDITOR'S NOTE

愛でるように連れ歩く、世界で1つしかない日傘

東京都現代美術館を訪れたこの日。清澄白河周辺を散策をするつもりだった彼女は、厳しい夏の日差しから逃れるように近くのカフェへと駆け込んだ。

注文したアイスラテを待っている間、ガイドマップを兼ねたフリーペーパーを広げてみる。目に留まったのは、一軒の傘専門店。

「一点物の日傘……?」

テイクアウトに変更したラテを片手に、彼女の足はそのお店──『Coci la elle(コシラエル)』に向かっていた。

01

パラソルみたいな軒先の中は、おとぎ話のような世界

『Coci la elle』は、住宅街の中に突然ぽっとあらわれた。

まるでパラソルのような、まあるい軒先をくぐる。ガラス張りの入り口から、さんさんと降り注ぐ陽の光がまぶしくて、彼女はなんだか温室にいるみたいな気持ちになる。ディスプレイされた傘たちも気持ちが良さそうで、陽にすかした観葉植物の葉脈を見ているようだ。

店の奥へと続くアーチを覗くと、静かな印象の入り口とはうらはらにカラフルな傘がずらりと並んでいた。

傘、傘、傘! ほんとうに傘の専門店なのだ。どきどきする胸を抑えながら、彼女はさらに奥へと足を踏み入れた。

閑静な住宅地の中にあらわれた「コシラエル」。パラソルのようなドアがかわいい
閑静な住宅地の中にあらわれた「コシラエル」。パラソルのようなドアがかわいい
入り口には、まるで観葉植物と共存するかのように傘が飾られている
入り口には、まるで観葉植物と共存するかのように傘が飾られている
入り口から覗く、手前のスペースは雨傘がずらり
入り口から覗く、手前のスペースは雨傘がずらり
店内奥にある日傘コーナー。個性豊かなデザインはすべて1点もの
店内奥にある日傘コーナー。個性豊かなデザインはすべて1点もの
02

触れる手がふるえるような特別な傘

天井から吊るされた、羽根が敷き詰められた傘や、ふさふさのフリンジがついた傘を見上げて驚く。中世ヨーロッパのアンティークのようだし、現代のポップアートのようでもある。

「日傘はどれもで手作りの1点物なんです」と店員さんがいう。

華やかな装飾に目を奪われるが、ハンドルもひとつひとつ異なる。ぐるりと輪っかになっているものや、寄木細工にビーズ刺繍、涼やかなアクリル樹脂までさまざまだ。

「触ってみてもいいですか?」と店員さんに声をかける。あまりに繊細で美しいので、気軽に触れてはいけない気がした。

「どうぞ、開いてみてください」

コシラエルの傘は、すべてオーナーで作家のひがしちかさんがデザインしているという。一見奇抜に思えるデザインも、開いてみるとなんだか馴染んでしまうから不思議だ。ひがしさんが自然の中からデザインの着想を得ているからかもしれない。どれも、とても優しい表情をしている。

継ぎ目のない1枚貼りの傘は、息をのむ美しさ。ドローイングはすべてひがしちかさんのオリジナル
継ぎ目のない1枚貼りの傘は、息をのむ美しさ。ドローイングはすべてひがしちかさんのオリジナル
ちいさなレースの日傘は、ひらくと花びらのような形に。レースから落ちる影もまた美しい
ちいさなレースの日傘は、ひらくと花びらのような形に。レースから落ちる影もまた美しい
毛足の長いふわふわの生地はなんと雨傘!雨の日が待ち遠しくなる
毛足の長いふわふわの生地はなんと雨傘!雨の日が待ち遠しくなる
職人さんや作家さんに特注したハンドル。デットストックや骨董市で見つけたものもあるそう
職人さんや作家さんに特注したハンドル。デットストックや骨董市で見つけたものもあるそう
03

ドレスを選ぶように日傘を選ぶ

美しいレースの日傘にうっとりしながら、彼女にある疑問が沸いた。

「コシラエルの日傘にUVカット効果はあるんですか?」

「1点ものはデザイン重視なのでついていないんです。綿や麻の生地の日傘は80%ほど遮光されます」

UVカットが欲しい方にはこちらを、と晴雨兼用の傘を案内してもらう。でも、もう彼女の心には1本の傘が浮かんで消えない。夕焼けの空のようなデザインに、金色のフリンジ、ライオンのハンドル。こんな素敵な傘はみたことがなかった。一期一会だ、と購入を決めて、お会計をお願いする。

「なんだか使うのがもったいなくて‪……‬ずっと家に飾っておこうかな」とつぶやく彼女に、店員さんは微笑む。動作を確認するため、美しい傘をもう一度ひらいて言う。

「でもやっぱり、傘はひらいた状態が一番すてきなんです」

オレンジの中に滲むピンクや紫をみて、彼女は「さして帰ります!」と宣言した。とっておきのドレスを選ぶように決めた日傘は、晴れの日をもっと輝かしくするに違いない。

世界で一番すてきな日傘を手にした彼女の胸は、お店の入り口をくぐったときよりもっと高鳴っていた。

彼女が購入したのは、ライオンのハンドルと、たてがみの様なフリンジが印象的な日傘
彼女が購入したのは、ライオンのハンドルと、たてがみの様なフリンジが印象的な日傘
晴雨兼用傘は99.9%UV加工つき。カラフルなものからシックなものまで、デザインも様々
晴雨兼用傘は99.9%UV加工つき。カラフルなものからシックなものまで、デザインも様々
閉じた姿もまた美しい傘たち。開いたらどんな風だろうか、想像を掻き立てられる
閉じた姿もまた美しい傘たち。開いたらどんな風だろうか、想像を掻き立てられる
折りたたみ傘はオプションで好みのハンドルに付け替えも可能(ハンドルによって値段は変わります)
折りたたみ傘はオプションで好みのハンドルに付け替えも可能(ハンドルによって値段は変わります)

EDITOR’S
NOTE

編集後記

手に取っただけで胸が高鳴るような傘に出会った事はありますか?

「そんな大げさな」と思う方もいるかもしれませんが、コシラエルさんでそのような傘にたくさん出会いました。

自然の中で生まれたような美しい色彩、繊細なレースやビーズ刺繍、落とす影までも美しいレース生地など、持ち手から石突にいたるまで、こだわりにこだわった一点ものの傘たち。傘に対する愛と想いがしっかりと伝わってきます。

バッグさながら、刺さずに腕に掛けているだけでも素敵なのですが、コシラエルさんの傘は刺してこそ!閉じている時の印象と開いた時の印象の違いに、二度驚かされるでしょう。

全て一点ものなのでお値段は張りますが、恋に落ちる様に傘に出会う、他ではできないそんな体験ができる素敵なお店です。

編集部:Joe
Editor Joe
Editor | 小西麗
Photographer | 橋本越百

SHOP INFO

Coci la elle コシラエルのマップ
店舗名
Coci la elle コシラエル
住所
東京都江東区三好2-3-2
アクセス
清澄白河駅 徒歩5分
営業時間
11:00〜18:00
定休日:不定休
電話番号
03-6325-4667
※ 取材時期や店舗の在庫状況により、掲載している情報が実際と異なる場合があります。 商品情報や店舗の詳細については直接店舗にお問い合わせ下さい。

RECOMMEND おすすめ記事
宝箱にしまいたくなる、優しさを包むくるみボタン
締めるのではない。装うネクタイ。
大人のわたしはひと味ちがう
黒タイツを脱いだら春がくるから
TOKYOのキャップは僕の景色を変えてくれた
自分だけに集中した5分間
日々の暮らしが軽やかになる、手仕事を伝える道具店
コンクリートジャングルを、最高の相棒と
ブルーマンデーを明るく始めるたった1つの方法
都内で買える素敵なお正月グッズ。お正月を彩る和雑貨で新年を迎えよう
ラグジュアリーな気分で春を迎える、都内のアフタヌーンティー特集
東京のBean to Bar専門店!カカオ豆本来の味を楽しむチョコレートの世界
抹茶だけじゃない!和のチョコレートで楽しむバレンタイン
レトロでモダンなフランス菓子の誘惑に酔いしれて
今年のバレンタインはコレ!都内で買えるルビーチョコレート5選
世界中のショコラが集結!絶対行きたい注目のバレンタインフェア
一粒の贅沢なご褒美!都内の人気ホテルで買えるバレンタインチョコレート
お茶のパワーで冷え知らず!カラダを芯から温める人気のお茶特集
2つの縁がひとつになる、イタリア生まれの幸せのお菓子
おしゃれな手帳で始める2020年。自分だけの一冊が見つかる都内の文具店
お問い合わせ
お問い合わせいただきありがとうございました
恐れ入りますが、内容によりご回答やお返事をお約束できない場合や、お時間をいただく場合がございます。
再度お問い合わせを送りたい場合は、ページを再読み込みしてください