日本橋
ShopStory
店舗情報 EDITOR'S NOTE

手仕事のストーリーを編む、ハンドメイドの手芸雑貨

とびきりの道具に囲まれれば、趣味の時間はもっと楽しくなる。

手芸が趣味の彼女は、日本橋駅から6分ほど歩いた場所にある『Cohana(コハナ)』というお店を訪れていた。

彼女が念入りに見つめるディスプレイに並んでいるのは、やわらかな色合いとじんわりとあたたかみのある風合いが印象的な、手芸をモチーフにした雑貨や道具たち。日本の職人の手仕事が感じられるアイテムが並ぶ空間で、彼女は趣味の時間を彩ってくれる道具たちを手に取るのだった。

01

手仕事が感じられる、上質なハンドメイドの道具

『Cohana』は職人の手仕事が感じられるハンドメイドの上質な手芸道具を扱うお店。老舗の手芸道具メーカーである「KAWAGUCHI」が立ち上げたブランドで、地域の産業や工芸にこだわり、アイテムはすべて日本各地の職人によってひとつひとつ手作業でつくられている。

シンプルなウッド調の店内には、待針や針山、糸切ばさみや文ちんなど色とりどりの手芸道具たちがずらり。カラーバリエーションは日本の伝統色である「黄水仙(きすいせん)」「薔薇色(ばらいろ)」「水浅葱(みずあさぎ)」「露草色(つゆくさいろ)」「深川鼠(ふかがわねず)」という5つで統一されており、同じ色を集めるのも、違う色同士の組み合わせを試してみるのも楽しい。

また、ほっこりとかわいらしいデザインのCohanaのアイテムたちは、手芸道具としてだけでなく生活雑貨としても愛用するお客さんが多いのだという。彼女自身も、はじめて来店した際に購入した待針とピンクッションをインテリアとして部屋に飾っている。

江戸情緒を残す室町の路地に佇むお店。あたたかみのあるブラウンが印象的な店構え
江戸情緒を残す室町の路地に佇むお店。あたたかみのあるブラウンが印象的な店構え
地域産業や工芸にこだわったハンドメイドの道具たちが並ぶ、シンプルですっきりとした店内
地域産業や工芸にこだわったハンドメイドの道具たちが並ぶ、シンプルですっきりとした店内
地金の風合いを活かした色鮮やかな塗装が魅力の南部鉄器の文ちん(¥2,300/税抜)
地金の風合いを活かした色鮮やかな塗装が魅力の南部鉄器の文ちん(¥2,300/税抜)
日本の「枡」の伝統と技術を継承してきた職人による、わずか15mm角の豆枡の針山(¥1,650/税抜)
日本の「枡」の伝統と技術を継承してきた職人による、わずか15mm角の豆枡の針山(¥1,650/税抜)
02

ひとつひとつの道具に、ストーリーがある

彼女が思うCohanaの道具の真骨頂は、それぞれのアイテムが作り上げられるまでのストーリーを感じられること。日本各地の産業や工芸それぞれの魅力を最大限引き出し、時に組み合わせることによって、他にはない使い勝手の良さとデザインを実現している。

例えば、彼女が愛用している「浮き紙の水平開き手帖」は、福井の山次製紙所が漉く独特の凹凸が美しい越前和紙「浮き紙」に、東京の中村印刷所による「水平開き」の技術を組み合わせて作られている。Cohanaの道具にはこのように複数の技術が組み合わさって作られているものも多く、こうした手間と時間のかかる工程は、長年手芸道具を専門に扱ってきたメーカーだからこそできることなのだ。

丁寧に作られているものだからこそ、それを使う楽しみ、そして手元に置いておく嬉しさを感じられる。この特別感こそ、Cohanaの道具の魅力だと彼女は思う。

浮き紙の水平開き手帖(¥1,600/税抜)は、2.5mm方眼で刺繍図案を描くのにもぴったり
浮き紙の水平開き手帖(¥1,600/税抜)は、2.5mm方眼で刺繍図案を描くのにもぴったり
波佐見焼のマグネットスプール(¥1,800/税抜)は、磁力で待針やクリップをキャッチしてくれる
波佐見焼のマグネットスプール(¥1,800/税抜)は、磁力で待針やクリップをキャッチしてくれる
信楽焼のボタンマグネット(¥1,100/税抜)。淡い色合いとコロッとしたフォルムがかわいらしい
信楽焼のボタンマグネット(¥1,100/税抜)。淡い色合いとコロッとしたフォルムがかわいらしい
色鮮やかな白なめし革の巾着(¥3,900/税抜)。裁縫道具や小物を入れるのにちょうどいいサイズ
色鮮やかな白なめし革の巾着(¥3,900/税抜)。裁縫道具や小物を入れるのにちょうどいいサイズ
庄三郎ばさみに伊賀くみひもを合わせた糸切ばさみ(¥4,900/税抜)。ボタンのワンポイントに遊び心が
庄三郎ばさみに伊賀くみひもを合わせた糸切ばさみ(¥4,900/税抜)。ボタンのワンポイントに遊び心が
03

日本ならではの手仕事を、人から人へ繋いでいく

この日彼女が選んだのは、岐阜の老舗の刃物メーカー・長谷川刃物による「関の豆ばさみ」。岐阜の老舗刃物メーカー・長谷川刃物の「どこまで小さく・良く切れるはさみを作れるか」という遊び心から生まれたこのこの豆ばさみは、手のひらにちょこんと乗るサイズ感がたまらなくかわいらしい。

「このかわいさは友達にプレゼントしたくなっちゃいますね……!」

「お誕生日のプレゼントやお土産としてCohanaの道具を選んでいただくことも多いんですよ」

店員さん曰く、日本の手仕事を感じることのできるCohanaの道具は海外のお客さんにも高い人気を誇っており、日本旅行で日本橋を訪れた際、Cohanaに立ち寄るお客さんもたくさんいるのだという。

ただ使い勝手がいいだけではなく、その後ろにあるストーリーまでも愛することができる。Cohanaには、そんな道具たちが集まっている。

関の豆ばさみ(¥1,350/税抜)。本革のケースに入っているので、ポーチなどに入れて持ち運んでも安心
関の豆ばさみ(¥1,350/税抜)。本革のケースに入っているので、ポーチなどに入れて持ち運んでも安心
ミニサイズながら、切れ味は抜群! 機内への持ち込みが可能なのも嬉しい
ミニサイズながら、切れ味は抜群! 機内への持ち込みが可能なのも嬉しい
蓋が刺繍枠になっている曲げわっぱの道具箱(¥12,000/税抜)。結婚祝いとしても人気
蓋が刺繍枠になっている曲げわっぱの道具箱(¥12,000/税抜)。結婚祝いとしても人気
懐かしい竹尺そのままのデザインでファンが多いという真ちゅうの竹尺(¥3,300〜/税抜)
懐かしい竹尺そのままのデザインでファンが多いという真ちゅうの竹尺(¥3,300〜/税抜)

EDITOR’S
NOTE

編集後記

記事中でもご紹介している「関の豆ばさみ」を取材時に購入しました。洋服がほつれてしまった時や、お菓子やお弁当の調味料袋など、外出先での「ちょこっと切り」にとっても便利。化粧ポーチに入れて毎日持ち歩いています!

創業60年を超える老舗手芸道具メーカーとして有名なKAWAGUCHIが手掛けているだけあって、手芸道具がそのままインテリア雑貨になった様な、手芸好きにはたまらないアイテムがたくさん。比較的お求めやすいお値段のものが多いので、人とは違うこだわりのギフトをお探しの時などにもおすすめのお店です。

編集部:Joe
Editor Joe
Editor | 福島みづき
Photographer | 橋本越百

SHOP INFO

Cohana コハナ 日本橋本店のマップ
店舗名
Cohana コハナ 日本橋本店
住所
東京都中央区日本橋室町 4-3-7
アクセス
新日本橋駅 2番出口 徒歩2分/神田駅 南口 徒歩2分
営業時間
10:00~17:00
定休日:土・日・祝
電話番号
03-6910-3255
※ 取材時期や店舗の在庫状況により、掲載している情報が実際と異なる場合があります。 商品情報や店舗の詳細については直接店舗にお問い合わせ下さい。

RECOMMEND おすすめ記事
日々の暮らしが軽やかになる、手仕事を伝える道具店
その生活道具は、野に出て草花をつむように
続いていく「時」と「思い」を包む
宝箱にしまいたくなる、優しさを包むくるみボタン
毎日をしなやかに形作る、伝統を受け継ぐ和の香り
待っているのは、私にしか紡げない魔法
私と彼が社会をちょっと良くするかもしれない雑貨店
個性は「見つける」時代
おしゃれな食器で食卓を秋の装いに。都内で素敵なうつわに出会えるお店
雑貨めぐりの秋!東京都内でおすすめのおしゃれな雑貨屋
マグで楽しむ新感覚のおだし体験
五感で味わう、日本茶という文化の豊かな真髄
【11月特集】センスの光る冬の始まりを探しに、日本橋を訪れて
極上の一杯を!美味しい紅茶が買える東京都内の紅茶専門店
毎日をしなやかに形作る、伝統を受け継ぐ和の香り
“ただいま”を言いたくなる古民家のブックカフェ
本好きなら絶対行きたい、東京都内で人気のブックカフェ5選
人から人へ、日本茶との新たな出会いを芽吹かせて
【10月特集】とっておきの時間の見つけ方。中央線に揺られて素敵なお店へ
お問い合わせ
お問い合わせいただきありがとうございました
恐れ入りますが、内容によりご回答やお返事をお約束できない場合や、お時間をいただく場合がございます。
再度お問い合わせを送りたい場合は、ページを再読み込みしてください